製造技術technology

IE用ライン

鍛造加工

鍛造加工は、金属材料を加熱し、圧縮応力を作用させて、流動させて必要とする形に変形させる加工のことをいいます。 鍛造はたたく過程で金属の結晶を整え、気泡などの内部欠陥を圧着させるため、粘り強さが生まれてきます。圧縮する際、金属内部の結晶が整うため、強度が出るのです。 また金型を用いることにより、大量生産も容易に可能となります。

対応素材

  • 鉄、非鉄金属(ステンレス・アルミニュウム・真鍮・銅)

    SCS13(SUS304相当)、SCS14(SUS316相当)、SUS303相当、etc 
    S25C、S45C、etc 
    詳しくは、お問い合わせください。

鍛造加工の製造事例を見る

まだ掲載はありません。

製造技術一覧