製造技術technology

IE用ライン

レーザー溶接加工

レーザ溶接の特徴と従来溶接法との比較すると、レーザ溶接は、レーザ光を熱源として主として金属に集光した状態で照射し、金属を局部的に溶融・凝固させることによって接合する加工のことです。装置はレーザ発振器、光路、集光光学系、駆動系、シールドガス系で構成されています。

対応素材

  • 鉄、非鉄金属(ステンレス・アルミニュウム・真鍮・銅)

    詳しくは、お問い合わせください。

レーザー溶接加工の製造事例を見る

まだ掲載はありません。

製造技術一覧